collision

collision

THE BLUE PORTRAIT IN THE CLOUD

collision「音」と言う言葉を自在に操るTriangle"THE BLUE PORTRAIT IN THE CLOUD"の象徴的な楽曲。
スリリングな音の駆け引きと静寂すら覚える「間」を共存させる新種の異空間ミュージアム。
三者三様の異なるジャンル経験が各自のカラーとなり機械じゃ創り出せない人間味溢れた色合い、それが『collision』。
JAZZでもない、ROCKでもない、HIPHOPでもない。言わば"ろくでもない"。
Instrumentalの声を体感せよ。

by Y.A.S

DOWNLOAD

※各デバイスごとのダウンロード方法は以下をご確認ください。

iPhoneの方 / Androidの方 / その他PCなどの方

  1. WizuMuコンテンツページより楽曲の”Download”ボタンをタップ
  2. 楽曲再生ページ表示中に、ブラウザの「共有」ボタンより「”ファイル"に保存」をタップ
  3. 保存先を選択して保存 (予め楽曲ダウンロード用のフォルダを作成しておくとスムーズです)

※ ブラウザは Safariを使用してください

  1. WizuMuコンテンツページより楽曲の”Download”ボタンをタップ
  2. 楽曲再生ページにて、再生バー右端のドットボタンを押し楽曲をスマホにダウンロード
  1. WizuMuコンテンツページより楽曲の”Download”ボタンをクリック
  2. 楽曲再生ページにて、再生バー右端のドットボタンを押し楽曲をPCにダウンロード

PROFILE

THE BLUE PORTRAIT IN THE CLOUD

2017年、THE BLUE PORTRAIT IN THE CLOUD は、ベーシストの園田大輔(MISUNDERSTAND)、ドラマー宮澤正樹(EVILS OF WAR)ら2人の呼び掛けにより、 当時フリーで活動していたピアニストである柳田邦一郎を迎え、静岡県東部地域を中心に活動を開始する。 ピアニスト柳田邦一郎による オーセンティックなジャズの枠に囚われない旋律をスパイスに、リズム隊である園田、宮澤らが長らく主戦場としていたロック、ハードコア、メタル等のエクストリーム・ミュージックの作法と、 ジャズ、フュージョン、ファンク、ヒップホップ、ワールド等の要素を自由に撹拌し、インプロヴィゼーションをも織り交ぜ、 硬質でいて時に柔らかく、ヘヴィかつドライ、リッチかと思えばトラッシーと言った変幻自在なサウンドメイクを提示していく。 音楽の伝統を引き継ぐような物も類としては重要であるが、偉大なる先行者が踏み固めたラッセルを無碍に行くのではなく、 ただひたすらに開拓されたルートを単に行くという事を拒み、今も新たな音楽的語彙を蓄えていき、伝統派由来とは少々違ったアプローチへの往来を実践している。 近年は同郷で活動中のラッパー Y.A.Sともパーマネントに活動し、二足の草鞋ならぬ二足の登山靴で両ルートから様々な登攀技術を用い、アルパイン・スタイルで前人未踏を行く。